AI-Scope 〜画像認識・物体検知ソリューション〜

AI-Scopeって?

これまで目視(アナログ)でおこなってきた業務に、画像データを対象としたAIの画像認識物体検知技術を手軽に導入できるサービスです。導入する業務内容・規模により、詳細打合せにもとづく実施プランをご提案いたします。
ai_scope01
ai_scope02

画像認識

同じ種類の物体のうち、キズや汚れなどの異常を見つけ出す
検品 不良品、異物混入、商品ランク分けなど

物体検知

複数の対象物が映った画像から、対象の物体を判別する
検知 特定の人(顔)、モノ、動物など

AI-Scopeのしくみ

ai_scope03

ご利用のながれ

  • ユーザ様にて実施
  • 福博印刷にて実施
  1. 1
    現場状況と対象業務の確認

    対象となる業務内容と実施環境の確認を行い、有効なAIモデルおよびカメラなど必要機器を検討します。目標とする精度設定も併せておこないます。

  2. 2
    学習用画像データの準備

    AIモデル構築に必要な学習データ用画像素材をご準備いただきます。画像の内容については弊社よりアドバイスさせていただきます。

  3. 3
    学習データの作成(前処理)

    2にてご準備いただいた画像素材を、AIに学習させるための前処理(アノテーション)作業をおこないます。

  4. 4
    AIモデルの開発

    案件に必要な画像認識・物体検知モデルを構築いたします。1にて設定した目標精度に達するまでテストをおこないます。

  5. 5
    開発したAIモデルの性能評価

    構築したAIモデルの精度評価をおこなっていただきます。ご了承いただいた場合は、実際の使用フローおよび環境の最終確認をおこなわせていただきます。

  6. 6
    開発したAIモデルの実装

    構築したAIモデルを現場に設置するシングルボードコンピュータに実装し、カメラなどの周辺機器との接続確認をおこないます。

  7. 7
    シングルボードコンピュータの現場設置

    AI実装システム(シングルボードコンピュータ)を現場に設置し、動作確認をおこない ます。ネット環境を利用する場合は接続テストをおこないます。

  8. 8
    運用・保守

    実際に運用をおこなっていただきます。ご契約いただいた保守期間中のお問合せ、現場 対応は弊社にて対応させていただきます。

AI-Scope事例紹介

検品

精密機器部品の検品業務に画像認識技術を導入。
目視では発見しづらい不良品をカメラに映った画像をAIが識別して発見。

Before

目視で全数検品をおこない、様々な問題があった

After

AI検品を実施し、生産性がアップした

検知

鳥獣害対策の発報機に物体検知技術によるリアルタイム発報機を加えることで商品付加価値の向上に成功。

Before

発報機が5分間隔で鳴るため、知能の高いカラスは学習してしまい、数ヶ月で効果が低下していた

After

発報機に【カメラ】【AI物体検知機能】を追加し、リアルタイム発報機能を追加し、撃退効果を強化した
AIの無料トライアルの申し込みなどは、下記フォームよりお申し込みください。
※※※ 当社AIサービスへのお問合せにつきましては下記ご入力ください ※※※
福博印刷株式会社
CRM推進部データビジネスソリューションチーム